2013年8月アーカイブ






アイスクリームをこよなく愛する私。(*^_^*)

長年、私にとってのナンバーワンはかの有名なハーゲンダッツでした。

しかし、最近この不動の位置を揺るがす協力なライバル店が出現!
それが、表参道ヒルズに昨年オープンした「ベン&ジェリーズ」です。

アメリカのバーモント州で、その名もベンさんとジェリーさんが
1978年に始めたというプレミアムアイスクリームのお店。その日本1号店がココ♪

オープン当初は恐ろしいほどの大行列で、
さすがの私も尻込みしていましたが、
1年ほどたち、土日以外はそこそこ空いているとの情報を得て、
ようやく行ってまいりました(*^^)v

サイズは3種類あり、カップかコーンを選択するという定番タイプ。
私はカップをチョイスしました。

ちなみに、レギュラーは2フレイバー、ラージだと3フレイバーのせられるそうです。

ラージはちと大きいな・・・ということで、
レギュラーサイズを選択した私、フレイバー選びに悩みましたが、
やっとの思いで、大定番のバニラとメイプルシロップ風味だという
バーモンスターを選びました。

発祥の地であるバーモント州のメープルシロップが
たっぷり入っているというバーモンスターですが、
かなり甘い!失敗したかなーと思ったのもつかの間、
ナッツが出てきてこの甘さとマッチしていて後を引く美味しさ。

あっという間に平らげてしまいました♪

アメリカらしい強烈な甘さと濃厚さで、
好き嫌いはあるかもしれませんが、アイスクリーム好きなら
ぜひ一度は足を運んでもらいたいですね。

アメリカのセレブの間でも、人気のアイスだとか…。
結構、クセになりますよ(^^♪



  

藤沢に住んでいる、上司のお兄さんの家に、
夏は一緒に連れて行ってもらっています。

片瀬江の島のあたりの海は、穏やかそうに見えて、起伏が多い海底が多く、
遊泳禁止の場所もたくさんあります。

江の島と言うと、しらすですが、ここは、ぴちぴちのアナゴの生息地でもあります。
起伏の多い海底がアナゴの住家。

このアナゴをベネチア風にしあげるのが、由比ヶ浜Mannaの女性シェフ。

ベネチア風にふっくらと焼き上げて、ビネガーを振りかけ、
更に焼き、塩で茹でた黒米と合わせて、オリーブ油で仕上げる。
絶品です。

アナゴのローストは、レンズ豆と麦をあわせたもの。
これも、ビネガーが上品に効いている一皿。

Mannaは、もちろん、アナゴだけではありません。
びっくりするほど多いアラカルトのメニューは、選ぶのが大変。

石鯛やアオリイカ、鰆、手の長いスカンピが盛合されている「魚介のグリル」は、
もうそれだけでメインになれそう。

パスタも、タコやイカ、貝がたっぷりです。
鰯と野菜のソテー、イナダのローストも塩味が絶妙。

女性シェフが奮闘するお店ですが、がっつり肉料理も裏切らない味です。
また、ワインもリストの中から、お料理に合う物をチョイスしてくれるし、
女性には外せないデザートも。。

由比ヶ浜と言う、ちょっとローカルな場所ですが、
シェフの人柄と、心のこもったイタリアのマンマの味で、
口コミで評判が広がり、いつもいっぱいです。

ぜひ予約で行かれることを、おすすめします。




  



私は東京に居ながら北海道の加工食材を通販で買い、
常にストックしています。

それは、北海道帯広の豚丼を真空・冷凍した商品で、
簡単に調理が出来てとても美味しいのです。
私は、北海道フロンティアファームというお店で良く購入しています。
こちらは、豚丼だけでなくハンバーグセットや
焼肉のセットも美味しいんですよ。

加工といっても、タレに漬け込んだ状態をそのまま冷凍して
真空パックをしただけなので、味が落ちる要因は無いですよね。

むしろ、真空で漬け込むことによってお肉がやわらかくなるし、
美味しくする方法と言っても過言では無いです。

調理は簡単!フライパンで焼いて、温かいご飯に乗せて付属のタレをかけるだけ。
来客にも出せるくらい美味しいので、あなたも必ずストックしちゃいますよ。


私はもちろんセレブではないんですが・・・。
けれど、時々ご褒美として高級なレストランやホテルに目標を定めることがあります。
しかも、都内に住んでいるのに都内に泊るという・・・。

行き帰りも楽だし、すごく贅沢している感じがたまりません。

次回のご褒美は高級ホテルと決めているんです。
東京滞在の際に泊まる目標は「ザ・ペニンシュラ東京」
オープン当初からいつかは泊まりたいと憧れていたホテル。

このホテルの最大の魅力は立地で、JR有楽町駅からすぐという場所にります。

皇居や銀座のすぐそばで、観光やお買い物にも便利そうです。

最高級のホテルなので、もちろんホスピタリティは期待するところですが、
客室からの景色はとても楽しみです。
昼間の皇居や夜のスカイツリーがバッチリ見えるんですよね。

せっかくなので、食事も最上階にあるレストランで楽しみたいと思っており、
天井から床まで全面ガラス張りだという店内から見る夜景を楽しみたいです。

さて、肝心なお値段ですが、ツアーサイトからだとデラックスルームでは2万〜5万位、
スイートでも5万〜15万。

曜日やシーズンで変動があるので、じっくり選ぼうと思います。

いつごろ泊まろうかな。ホテルから出るのが勿体なくなりそうですね。





テレビを観ていたら、急にお肉が食べたくなった…。
なんて事、よくあります。
最近のテレビは、グルメネタが多すぎ!

豚肉派な私はサムギョプサルを思う存分食べたくて、
新大久保にある「プングム フレッシュ店」に行ってきました。

ナント!ランチタイムには1500円でサムギョプサルと副菜、
ドリンクが食べ飲み放題。

食べ放題のお肉なのに、安かろう悪かろうではないのが嬉しい。
これなから食べ過ぎても後悔はしない味だと判断し、思いきり食べてきました。

豚肉って、臭みが無くていくらでも食べられる。

サムギョプサルは油を落としながら食べるので、
カリッとしていて意外とあっさりなのですよ。

お肉を食べるために他の料理には目もくれず、ひたすら食べまくり。

もちろん、一緒に行ったお友達はいろんな韓国料理を楽しんでいました。
私も味見と称していろいろとつまみましたよ。

肉以外の料理も種類が豊富で、韓国料理の定番ものは何でも揃っており、大変満足な内容です。
トッポギ、チジミ、チャプチェ、カルビクッパ、お野菜・・・。

私のように肉!という人から、
漠然と韓国料理を楽しみたいという人にまでオススメです。

ただし、大変混んでいるので、
お昼をちょっと前後した時間帯に行くと良いみたい。

そのあとは、デザート食べ歩きに美容グッツの買い占めに…。
色々と楽しみがあるのも、また新大久保の良い所ですね。








「グルメ」という言葉には、不思議な魅力があると思いませんか?

実際の意味はよく知らないのですが、あの人グルメよねー。
なんて言われると、毎日ワインを片手に高級食材を
惜しげもなく使った料理を食べている姿を想像してしまいます。

同じように、グルメ本に載ったと言われればそれだけで
美味しいお店のような気がしてきますしね。

最近、地方都市でもあのミシュラン本が発行されましたが、
やはりこのクラスになると、掲載されているお店のランクも上がりますねー。

そうそう気楽には行けない雰囲気です。

なんと言っても、普通の人にとって、
一番気軽に行けるのはランチですからね。

ランチ特集がよく掲載されているのは、
ミシュラン本のような専門?書ではなく、
地元のローカル雑誌ですね。私もよく利用しています。

最近は、ランチ専門の情報誌やブログなども多いので、
そういったものを選んで購入しています。

ちなみに、ミシュランに掲載されているお店でも、
ランチの値段が比較的お得な所もありますよね。

夜に普通のお店で5000円飲み代に使うのであれば、
同じ値段でミシュランのお店のランチが食べたいかも(*^_^*)








燻製料理専門のお店が中目黒に出来たと聞いて、
早速友人たちと行ってみました。

アパートを改築してお店にしたようで、外観はまるで住宅。

初めての人は道に迷うでしょうね。

中は、古い家具が置かれていて温かみを感じさせる落ち着いた雰囲気。

まるで誰かの家に招かれたような気分にさせてくれます。
ゆっくりお酒を楽しめそう。♪


メニューは、端から端まで燻製づくし!どれも食べてみたくて選べなーい!
ということで、おすすめを出してもらいました。


まずは、お通しの燻製ナッツ。
そして、焼いた燻製チーズ。とろりとした食感がたまらない。

ベーコンも燻製がふわっと香ってきていくらでも食べられそうでした。

個人的には、トマトの燻製が好きでしたね〜。
ドライトマトのようなのにほどよい水分が残っていて、絶妙なバランス。
これはクセになりますね。

あまりの美味しさと居心地の良さに、一口食べるごとにワインをぐびぐび。
ついつい飲み過ぎてしまいました。

他にも、燻製の馬刺しやあんきもといった魅力的なメニューがたくさんあります。
これは、全種類制覇するまで通ってしまいそうです。(*^^)v