京都ではまった、生麩

| コメント(0) | トラックバック(0)


最近、京都に旅行に行ったのですが、
京生麩にはまってしまいました。

あのもちもちとした食感。
家でも味わいたいと、お取り寄せしてしまうほどのはまりぶり。

京生麩とは、精進料理にも使われる食材の一つです。
京都で会席なんかを頂くと、
必ずといって良いほど一緒に出てきますよね(*^_^*)

低カロリーなので、女性やダイエット中の方にはオススメです。

食べ方は超簡単!

天ぷらにしたり、サラダに加えたり、
お吸い物に入れたりとなんにでも合います^^

わたしは軽く焼いて、
味噌をつけて食べるのが気に入っていますね。

他には、ちょっとしたデザートにもなるんです。

南瓜や抹茶の京生麩に黒蜜をかけていただくと、
上品なスイーツにもなりますよ。

もちろん、そのまま食べても美味しいです。

しかも、京生麩は種類が豊富!

定番のよもぎ麩・あわ麸・餅麸などの他に
抹茶・南瓜・青のり・黒ごま・抹茶小豆などなどオリジナル京生麩もたくさん!

見た目もかわいい花麩というものもありますよ^^

もみじや桜、梅の生麩です。
お吸い物に入れると、アクセントになります^^

ハマること間違いなしなので、
是非味わってみてくださいね。

お取り寄せも可能ですよ。


 





コメントする